Brace, Paren, Semicolon.

受験勉強中

模試を受けました

TL;DR

  • 受験勉強のこと:本試験の模試があった
  • 仕事のこと:面白い記事を見つけた
  • 生活のこと:生活リズムが安定してきた

受験勉強

先日、予備校主催の本試験形式の模試を受けました。それを踏まえて、本試験向けの学習状況を書きます。

国語

現代文は記述が弱く、その一番の原因は「文章を読めていない」ことです。文章を読めていないのだから当然記述も書けない。いやいや、日本語なのに読めないってどういうこと?という感じですが。つまり、文字は読めていても文章の論理構造(例:因果関係、対比関係など)をきちんと読み取れていないので、結果として要約などがうまく書けないということです。対策として、参考書を解き進めるほか、朝は新聞記事を読んで練習しています。

また、古文・漢文はボキャブラリ不足が大きな課題なので、単語や句形をインプットしていきます。

数学

全体的に基礎が甘いです。以前から計算スピードの遅さと解法のバリエーション不足が自分の課題でしたが、これらの大部分は基礎の甘さに起因することが分かってきました。ゆえに、今後は勉強のサイクルを2週間1セットとし、1週目は「問題をまんべんなく解いて苦手分野を洗い出し」て、2週目は「苦手分野をじっくり解きながら基礎固め」を繰り返していきます。

英語

英文を読むスピードが遅いのが一番の課題です(模試で試験時間が足りなくなったのは結構ショックでした)。また、国語と同様に「文章の論理構造を読み取れていない」という課題もあります。ゆえに、時間を決めて英文を読んで要約する練習をしていきます。

リスニングはそれなりですが、数字(例:年号、売上高など)を聞き取って整理するのが苦手なので、数字を含む音源を使って学習していきたいと思います。

物理

問題文を読んだとき、「ここではこの法則が適用できるだろうか?」「この与条件は何に影響するのか?」というようなことがうまく整理できず、結果として答案の論理展開がチンプンカンプンになってしまうことがあります。これも数学と同様に基礎の甘さに起因しているような気がしますが、今は「何が分からないのか分からない」状態に嵌っているので、とりあえず愚直に問題集を解き進めていきます。

化学

基礎の甘さは数学や物理と同様です。しかし、理論化学はそれなりに解けるようになってきました。一方、無機・有機はまだまだ甘いので、これらにウェイトを置いて問題集を解き進めていきます。

世界史

今は特にやっていませんが、そろそろ少しずつ勉強を再開します。

雑感

総合的な課題は大きく2点:

  1. 文章の論理構造を読み取れていないこと
  2. 基礎が甘いこと

特に 1 は少し意識し始めただけでも自分で違いを実感でき、例えば和文を体言にでなく接続詞に集中してスキミングしたり、それだけでも文章の理解度が変わってくるなあと感じています。

仕事

相変わらず Node を書いています。

そういえば最近見つけた記事で、リモートワークのイロハを紹介しているものがあったので、社内で紹介したりしました。個人的にビビッときた一文がこちらです。

There is no such thing as too much communication for remote teams.
(リモートチームのコミュニケーションにやり過ぎなどというものはない)

blog.toggl.com

生活

最近は涼しくなってきたので部屋が快適です。また、窓を閉めて寝られるので車やら電車やらの騒音に煩わされることがなく、おかげで生活リズムが安定しています。生活リズムの安定は勉強の集中度につながるのでかなり大事ですね。

あと、模試のときは仙台に行ったので、ついでに牛タンを食べました 🐮